投資も資産の一部【投資信託・株・FX・貯蓄性保険など】


毎日節約に努め、無駄遣いをしないようにと暮らしていても、所持金の減りを少なくするだけで、お金を増やすということにはなりません。

増やそうと思うなら、資産運用や投資を上手く生活に取り入れてみるというのも選択肢の一つです。

投資というとリスクを伴うものだという先入観がある人も多いのですが、世界全体で長期的な見方をすれば、経済は伸びていますし、これから伸びてくる業界というのも必ず存在します。

お金を育てる」と考えると少し投資のイメージが変わるかもしれません。

 

「貯蓄」には様々な用途がありますが、いざというときの「緊急費」など(突然の失業や、急な出費などに備えるお金)は、まず預金口座に確保しましょう。

これは安全で確実に運用することが必須であるほか、いつでも引き出せるということが大切であるため、このお金を投資に当てることは賢明ではありません。

「緊急費」はまず口座に入れ、その残ったお金で、「お金を育てる」ための投資を運用する資金を作り出しましょう。

投資には何種類かの方法がありますが、「よく分からない」という初心者の主婦の方にもわかりやすいよう大別してみましょう。

 

投資信託」は、株式や債券などの商品をひとまとめにして、数千円や1万円から買えるように小口化したものです。

元本は保証されませんが、手軽に投資ができるため、初心者や一般の人向けの投資だといえるでしょう。

株式、国債、外国債券、不動産などの種類があり、運用会社に資金を預け、運用結果を分配してもらう仕組みが一般的です。 もちろん、運用結果によって利益は変動します。

 

」は、上場している会社の株券を購入して、値上がりや配当収入を得るものです。

手軽に購入はできますが、購入の際に会社の状況を調べることが必要となるため、ある程度の知識が必要でしょう。

また、リスクを分散するために複数の銘柄を持つと、ある程度まとまった資金が必要になってきます。

 

FX(為替証拠金取引)」とは、外国の通貨を売買して利益を得るものです。

投資額が少額でも何倍もの金額で取引ができるため、大きな利益が出る場合もありますが、大きな損失を出す可能性もあります。

また、外国為替の取引は価格の変動が大きいため、メリットもリスクも大きくなる傾向があります。

 

貯蓄性保険」は、一般の生命保険と違い、保障機能がない保険です。

経済の変動などでのリスクはうけにくいものの、長期間貯蓄積み立てをしなければ、保障を受けられないということです。

中には保障機能と貯蓄を組み合わせた商品もありますが、満期前の早期に解約すると解約返戻率が低いため、損をしてしまうこともあるので注意が必要です。

所定の期間について換金性に乏しいということには留意が必要であるほか、低金利で長期間固定化してしまうという怖れもあります。

 

自分の適性と性格も考えて、どのように資金を運用しお金を育てていきたいかをイメージし、自分に合った方法で上手に投資を利用すると家計も豊かに潤っていくことでしょう。

タグ

2013年6月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:貯蓄・資産

このページの先頭へ