化粧品代、聖域とするか、節約するかは貴女次第【安い通販化粧品もあります】


女性なら美しくありたいと思うのは当然のこと。

化粧品代は美しくあるためには欠かすことができない費用です。

ただ、子育てや結婚生活のことを考えれば、化粧品代は節約しなくてはならないと感じている人も多いようです。

化粧品は、「あくまでも生活が成り立った上でのもの。育児や生活が優先」と思う既婚女性が多いことが特徴です。

 

一方、ある結婚情報誌のアンケートによると、「結婚しても節約したくないと思うお金」のトップ1位に「化粧品」がランクしているとのことです。

「年齢を重ねるのに手抜きをすると怖い」「節約はしたくない」などという意見が多数・・・。

つまり、多くの既婚女性にとって、節約しなくてはいけないけれど、節約したくないお金が「化粧品代」ということになるでしょう。

 

化粧品のお金を家計節約の「聖域」とするか否かは貴女次第。

化粧品のランクを落として、安い化粧品で節約する方法もあるけれど、美に関するお金は、あまり節約すると、人によっては自信がなくなったり、生活がギスギスすることさえあります

 

ただ、インターネットなどの通販を利用することで今までと同じ商品を安く買う方法はあります。

例えば「アイビューティーストアー」は、国内・海外ブランドともに56,000点以上の化粧品やメイクグッズが揃っています。

割引率は高く、口コミなどの情報も参考になります。

同じような通販サイトの大手「コスメランド」は在庫処分市、送料無料コーナーなどもあります。

普段使っている化粧品があれば、店頭で求めるより、お得に購入できるのが特徴です。

 

「化粧品は何を使ってもかまわない」という考え方が可能な方ならば、安い通販化粧品や、コンビニ、100円ショップの化粧品などもおすすめです

格安化粧品を使うことに抵抗がある方もいるかとは思いますが、安いからといって侮ってはいけません。

最近の格安化粧品は、非常にクオリティが高いのが話題なのです。十分キレイを維持できます。

1000円程度の化粧水や乳液などの基礎化粧品も、近年かなりの高品質になってきています。

どうしても基礎化粧品を節約することに抵抗があるなら、パーツの化粧品だけでも格安にすると随分家計模様が変わってきます。

 

タグ

2013年5月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:家計から出ていくお金・支出

被服費は独身時代のようには使えません【通販やバーゲンを上手に利用しよう】


特に女性は被服の節約はなかなか難しい、あるいはしたくないという人も多いと思います。

独身時代は、気に入った洋服を好きなだけ買っていたかもしれませんが、一家の家計をあれこれとやりくりしなければいけない生活になれば、そう好きなものを無制限にも買っていられません。

かといって、安っぽい服ばかりを着ていたり、同じ服を着ているのも考えもの。

いくら節約と言っても、やはり自分が気に入らないファッションの服を着たくもないでしょう。

 

おすすめの方法は、ひと月に使える被服費の金額を決めることです。

家計全体のことを考え、少なめでもいいのです。 そして、使い切らなかったら、翌月に持ち越します。

すると、数ヶ月に1度はある程度のものを購入できることになります。

ポイントは安いからと言ってむやみに購入しないことです。

価格だけの理由で買った服というのは、あまり着ないことが多く、無駄遣いをしやすくなります。

高くても気に入った服を選りすぐって買うというほうが、服を大切にし、着る回数も多くなります。

また、安い服は生地も悪いことが多く、洗濯をするたびに傷みが気になったり、型崩れしやすくなります。

そのたびに買い換えていると、結果的にさほどの節約にならないのです。

 

気に入ったブランドがある場合は、通販やバーゲンを利用すると良いでしょう。

通販は一般的に卸価格で購入できることが多く、格安であることが多いです。

また、気に入ったブランドのお店で店員さんに「セールの時期になったら教えてください」と声を掛けておくとか、メールマガジンに登録しておく、或いはお店のブログなどをこまめにチェックするなど上手に工夫すると、気に入ったブランドの服もお得に購入できるのでおすすめです。

 

「良いもの(普段は高めのもの)を工夫して安く買う。」

これが被服費の節約の極意といえるのではないでしょうか。

タグ

2013年4月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:家計から出ていくお金・支出

このページの先頭へ