自動車のローン購入はできるだけ控えよう【金利負担】


「自動車を買いたい」、「買い変えたい。」

しかし、自動車の代金が手持ちの給料からすぐに出せる人はなかなかいないでしょう。

一番良い方法はコツコツとお金を貯めて買うことです。

 

自動車のローンはなるべく使わずに買うのが手っ取り早く、一番の節約になります。

なぜなら金利分を払わずにすむからです

車を買おうと思っている人は、こつこつと毎月お金を貯めて買うことをおススメします。

しかしながら、そのような状況にない、ローンを組んででも車が必要、という場合は、節約のためになるべく金利が低く、自分に合った借入先を探すことです。

 

まず、一番手軽なのが車のディーラーなどの販売店で申し込みができる「販売店のクレジット」です。

販売店が提携している信販会社が立替払いをしてくれ、毎月借入先に返済をします。

車を買うということが明らかなので、審査が通りやすいメリットはあります。

3%~5%くらいの銀行と変わらない金利で借りられるところも多いのも特徴ですが、ただお店によって金利差があるので、よく調べてから利用するのが賢明でしょう。

 

銀行でローンを組む場合は、見積もりや契約書、源泉徴収票などの書類が必要で、収入や勤続年数などの条件もあります。

審査は厳しいですが、今後教育や住宅ローンなどで銀行からお金を借り入れる場合、返済の実績があれば次回は優良顧客として金利優遇などの各種サービスを受けられる可能性もあります。

 

信用金庫や信用組合でローンを組む場合、1%以上の金利優遇など、良い条件で借りられるのが特徴です。

しかし、審査や条件は銀行並の厳しさですが、地域に密着した会社などに勤めている場合は、基本的には認められるでしょう。

 

労働金庫という手もあります。

ろうきん=固定の低金利ローン」、というイメージがありますが、その通り、低金利で固定なので、他のローンから借り換える人も多いです。

ただし、原則として組合員である必要があります。

 

さらに、農協でもローンを受け付けています。

地域のJAによって条件は違いますが、マイカーローンでキャンペーン金利で3%近く金利が低くなっているところもあります。

出資金を出せば組合員になることもできますし、組合員以外でも対象の商品はあります。

ただし、近くにJAがない地域では、現実的には選択肢から外れていくことになります。

 

低金利ショップ」とは、ディーラーから新車を仕入れて低金利で販売してくれる店の事で、これらを利用することも手でしょう。

金利が1%を下回る店も多く、「決算セールで金利0.01%」などと銘打っている店もあります。

とにかく金利が安いのがメリットですが、長期返済になるほど値引き率も悪くなりますので、諸費用をトータルで考えて、販売店の比較をすべきです。

長期で借りると買い替えの問題も出てくるでしょうし、果たして返済リスクはないのか?と自分自身で調べてみなくては詳細はわかりません。

 

そして「残価設定ローン」というのはご存知でしょうか?

3年後の下取り価格を残価として設定し、車両価格から引いた残りを支払うローンです。

残価設定額は最大50%ですので、3年間半額でローンを組むことになり、「半額で買える」という訳です。

3年後に残価を一括で返済するか、ローンを借り換えるか、車を売却するかを選べます。

しかし、高く売れれば戻ってきますが、3年後の買取保証がないということや、廃車にした場合は圧倒的に不利になります。

 

一番良いのはやはりローンを組まずに買うことです。

しかし、組むなら、各条件を徹底的に調べてどの借入先が自分に合っているかを研究してみるべきでしょう。

タグ

2013年2月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:家計から出ていくお金・支出

このページの先頭へ