奨学金の返済は繰り上げすべき?【1種・2種】


奨学金にはさまざまな種類がありますが、ここでは日本国内で一番一般的な日本学生支援機構(旧日本育英会)の奨学金繰り上げ返済について書きたいと思います。

 

奨学金には無利息の「第1種奨学金」と、利息がかかる「第2種奨学金」と2つに分けられています。

第1種奨学金には、残額を一括返済するとお金が一部戻ってくるという「報奨金制度」があります。

ただし、2005年度以降の対象者は制度が廃止されていますので、借りた時期と照らし合わせて確認してみてください。

無利息ですので、慌てて返済する必要はありませんが、資金が現在あるのなら返済すれば対象者は報奨金をもらえるわけです。

ただし報奨金は受け取りに期限がありますので注意しましょう。

 

第2種奨学金には、報奨金制度は残念ながらありませんが、繰上げ返済をすると利息分が節約になります。

結局考え方次第なのですが、「奨学金」といえども、利息が付いてお金を借りているわけですから、カードローン等と同じ「借金」を返済していることに変わりないのです。

 

ただ、陥りがちな失敗として、生活のトータルのプランを考えて繰り上げ返済しなければ意味がないということになります。

例えば、100万円の奨学金を繰り上げ返済したとします。

この場合、返済したときには報奨金をもらえたり、或いは利息を節約できたりするわけですが、後々家を買うために貯蓄が足りない、車を買うときに資金不足・・・などといった理由で、100万円以上の他のローンを組むのであれば、結局ローンの借り換えと同じことになります。

こうなると、報奨金の金額、節約した利子の額によっては、「奨学金の繰り上げ返済はしないほうが良かった」ということになるのです。

なぜなら、奨学金のように無利子や低金利でお金を貸してくれるところはそうありませんので、借り換えをするとトータルで見て損していることになるからです。

 

繰り上げ返済する時期は人生の中でのタイミングも大事です。

人生や生活のプランを含めて考えて、手元に資金があるなら、奨学金は繰り上げ返済したほうが良いでしょう。

また、「奨学金返還相談センター」では、奨学金の返済計画の中でどれが得になるのかを調べて知らせてくれますので、参考にしてみるのも良いでしょう。

タグ

2013年2月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:家計から出ていくお金・支出

住宅ローンは繰り上げ返済をドンドン進めたい出費。メリットいっぱい


繰り上げ返済は住宅ローンの「メンテナンス」と言われます。

繰り上げ返済をしていくことで、住宅ローンを借り入れたときのプランをより健全化したり返済しやすくしたりする効果があるためです。

 

住宅ローンの借り入れをするとき、借り入れる金額、借入期間、支払う金利で、毎月の返済額が決まります。

「繰り上げ返済」とは、その決められた毎月の返済額とは別に返済を行うことで、ローン残高を予定より早く減らしていくことです。

例えば、1,000,000円繰上げ返済したとすると、その返済以降「元金返済分」と「借入金額(ローン残高)」の金額が変わります。

このようにローンの元金返済分を前倒して返済していくことを言います。

前倒しして早く返済し終えることができたり、月々の返済額が当初より安くなるだけでなく、元金を減らしたことによりその分利息が減るというわけです。

つまり、繰り上げ返済をしていくとだんだんと返済が楽になっていくのです。

 

繰り上げ返済には「期間短縮型」「返済額軽減型」の2種類があります。

 期間短縮型の特徴は、毎月返済額は変わらず、残り返済期間が短くなることです。

総返済額を効率的に減らしたい人や、ローンの早期完済を目指す人にはおススメです。

一方、返済額軽減型の特徴は、繰り上げ返済後、毎月の返済額が軽減されるカタチで、残りの期間は変わらない形です。

これは、将来に備えるために、家計のキャッシュフローを調節したい人や、毎回の返済が少しでも楽になればと思っている人、将来の収入減に備えておきたい人、将来借換えを考えているため期間は短縮したくない人などに向いています。

 

期間が短縮されるか、1ヶ月の返済が楽になるか。

でも、住宅ローンの返済が楽になるだけで随分と安心感が変わるのではないでしょうか?

もし、手元にまとめて支払えそうなお金があるのでしたら、ぜひとも住宅ローンの繰上げ返済に充ててみてはいかがでしょうか。

タグ

2013年2月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:家計から出ていくお金・支出

このページの先頭へ