会社員でも確定申告でお金が戻ってくる可能性はあります


ほとんどのサラリーマンは、会社が行う年末調整で所得税が確定するため、確定申告は必要ありません。

しかし、確定申告すればお金が戻ってくる可能性がある場合もあります。

 

まず、前提としてサラリーマンでも確定申告しなければいけない義務を持った人もいます。

それは年収2000万円以上の場合や副業などで20万円以上収入があった人、災害にあって、「災害減免法」による源泉所得税の猶予や免除を受けている人などです。

 

それでは、それ以外の一般の会社員の場合でも確定申告したほうがいいと言われる場合、それはどんな人なのでしょうか?

まず、年末調整に間に合わなかった、調整し忘れたものがある人です。

例えば、年末調整で漏れがあった、年末調整後に結婚した、子どもが生まれたなど扶養範囲に変化があった人といった場合です。

 

また、副業の収入が20万円以下であっても必要経費が認められるので、源泉徴収された税金の一部を取り戻せることがあります。

 

それから、マイホームを買った人や売った人も確定申告するとお金が戻る場合もあります。

もちろん、確定申告をすると得になるかは一概に言えないこともありますので、国税庁等専門機関に問い合わせてみることをおすすめします。

 

そして、医療費がたくさんかかった場合。

これは、家族全員分の医療費が所得の5%以上だったかどうかがポイント。

市販薬や病院に行くための交通費も控除の対象になります。

 

実は災害や盗難も控除の対象になります。

泥棒被害は雑損控除の対象になりますし、自然災害も所得税の軽減・免除措置の対象になります。

 

最後に、当然ながら退職してサラリーマンをやめた人も確定申告対象者です。

会社員として違う会社へ転職した場合は、新しい勤務先で年末調整を行いますので、申告の必要はありません。

 

この1年の出来事を思い出して、生活スタイルに大きな変化があった人は、会社員でも確定申告に注意。

お金が還付される可能性がありますので、調べてみましょう。

「面倒くさいなあ」と思って申告しなかったら、かなりの大金を逃してしまった・・なんてこともあり得ます!

 

タグ

2013年6月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:確定申告

このページの先頭へ