賃貸?持ち家?老後まで見据えて夫婦で考えてみよう


「一生家賃を払い続けるなんて自分の物にならないし。持ち家のほうが得!」

「老後を考えると、家よりお金があったほうが安心!」

どちらが正しいのでしょうか?

 

例えば、家賃12万円のマンションに30年住み続けると仮定します。

12万円×12ヶ月×30年=4320万円

総支出はこのようになります。

しかし現金を株や外貨資産で資産運用し、資金を増やそうと思えば、結果元金が減る可能性や、ゼロになるリスクもあります。

ただし、マイナスになることはないという安心感はあります。

ただ、30年というスパンで考えると、将来的に家賃の値上げもあるかもしれませんし、引越しや転勤が多い職であれば、身軽に引っ越せるというメリットもあります。

 

では、持ち家の場合はどうでしょうか?

例えば、総額2390万円のマンションを購入したと仮定します。

頭金を500万円用意し、1890万円のローン(金利3%、30年固定、元利均等)を組むと月々のローンの返済は、8万円となります。

仮に税金+修繕費の出費を月2万円とすると、合計の住居費は10万円となります。

すると、総支出としては以下のようになるでしょう。

(8万円+2万円)×12ヶ月×30年 +頭金500万円 =4100万円

こうやって見ると、実は持ち家も賃貸もさほどの大きな差はありません。

また、不動産の価値が、常にローンの残債の金額を上回っていれば、安定していますが、不動産価値の下落により、資産がマイナスの状態になる可能性もあります。さらに、修繕費などは一般に築年数に応じ値上げの傾向があります。

30年後の不動産の資産価値まで考えると予測しきれないものもありますし、変動金利の場合、金利上昇によるローン負担の増加幅もありえます。

 

結局のところ、賃貸なのか、持ち家なのかという論争は、その人のライフスタイル、考え方によるものが大きい気がします。 状況に応じて両方を推移させるのも良いのかもしれません。

金融投資などでお金を増やす自信がある、資金がマイナスになるリスクを避けたい、というお金に対する考え方や、 転勤の可能性が高い、気軽に引越ししたいというライフスタイルを重視する人は、賃貸向けといえるかもしれません。

元本を増やす投資力があれば、賃貸でも十分結婚後の資金を増やして老後まで豊かに暮らせるでしょう。

 

一方、住宅ローン以外の金融投資が苦手、資産がマイナスになっても最終的に自分のものになるならローンでもいい、という考え方に加え、 一つの家で落ち着きたい、引越しは頻繁にしたくない、というライフスタイルであれば、持ち家がよいでしょう。

さらに、価値が下がりにくい不動産を選択できる目利きがあれば、言うことなしです。

 

老後、引退したときのことまで考え、それまでに資金を増やす自信があるか、それとも住む家があったほうが安心か。

とにかく、パートナーとは、価値観をすり合わせ、夫婦でじっくり話し合うことが大切です

タグ

2012年12月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ライフプランニング

このページの先頭へ