医療保険は病気や怪我に備えるために夫婦で入ろう


結婚を機に医療保険を見直そうという人は多いかと思います。

では、夫婦の医療保険夫婦一緒に入ったほうがいいのでしょうか?別々の方がいいのでしょうか?

それぞれのケースで見てみましょう。

 

医療保険や医療特約の夫婦型(または配偶者特約付きなど)で、夫の保障と妻の保障をひとつの保険にした場合を考えてみます。

メリットとしては、保険証券が1つで済むこと、1つの保険で済むために加入の手間などが楽ということがあげられます。

また保険料払込免除の設定がある場合、夫が先に死亡した場合はその後の支払いが免除され、妻の保障が残る形になり安心です。

そして、契約者(夫)が支払いや手続きをしてくれるのでもう一方(妻)はだということでしょう。

また、何より良いのは一つの保険に2人で入ることで、夫婦が一緒に健康ですごそうという気持ちが生まれることです。

 

では、デメリットはどのようなものになるでしょうか?

まず、将来環境の変化によって保障内容の見直しをしたい時に、片方の保障だけやめるということができないことです

また保険料払込免除の設定が無い場合、夫が先に死亡した場合、その後の妻の医療保障がなくなるということがあげられます。

そして、万が一離婚した場合は、妻の保障がなくなるというデメリットも考えられるでしょう。

 

一方、夫婦で別々の医療保険に入った場合です。

メリットは、それぞれが気に入った保険会社や共済の気に入った医療保険を自由に選択できることです。

そして、将来的に内容の見直しが自由にできること、それぞれ自分の保険料を支払う場合は、それぞれが生命保険料控除の制度を利用可能ということ。

また、離婚してもそれぞれの保障が残ることもあげられます。

 

デメリットとして考えられることは、保険証券が2枚となり管理が少々煩雑になることがあるでしょう。

また、妻の医療保険の保険料を夫が支払った場合、贈与税の対象になることがあるので、保険会社に確認が必要です。

そして、夫が妻の保険料を支払った場合の生命保険料控除は、妻名義であっても夫の生命保険料控除の対象となります。

 

以上がそれぞれのメリット・デメリットです。

それでも「よくわからなーい」とお悩みの方にご提案。

「夫婦で医療保険に加入しようというとき、その夫婦は何を目指しているか?」ということを考えてみましょう。

すると一番大切なのは「夫婦で一緒にこれから怪我や病気に備えよう」という気持ちで家庭生活を営んでいくことなのだということに気が付くはずです。

これは夫婦で医療保険に入るときには最も重要なことといえるでしょう。

それを考えると、おススメは夫婦一緒に一つの保険に加入することです。

夫婦が一緒に健康ですごそうという気持ちを大切にすることが一番ではないでしょうか。

もちろん、それぞれのライフスタイルに合わせて自分に最もメリットのある形を選択できることが最高ですけれども。

タグ

2013年3月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:家計から出ていくお金・支出

このページの先頭へ