固定費と変動費の考え方で節約してみよう


「固定費」「変動費」と聞くと会社の会計の話のようですが、この考え方を家計管理に活かすと家計節約に大変役立つかもしれません。

「固定費」とは、一定額の定期的に発生する費用のことです。

家計で言えば、家賃が代表的なもの。 旅行で1ヶ月中留守だったとしても、家賃は一定のお金がかかります。

その他に、光熱費、水道料金、駐車場代、通信費、生命保険料、税金、習い事等の月謝などがあります。

出費を見つめなおし、固定費をピックアップしてみましょう。

この「固定費」の性質としては、一度発生すると、なかなか減らすのが難しいというのが最大の特徴ではないでしょうか。

支出の金額が一定で、「今月は我慢しよう」 といった形でのコントロールが難しいのです。

また、毎月入ってくるお金というのは、大体一定していますので、 「収入-固定費=変動費」というお金の使い方にならざるを得ないのも特徴です。

 

家計の節約は、まずこの「固定費」をしっかりと把握しておくことから始めます。

これを機に携帯電話の料金プランや無駄な契約を見直すのもよいでしょう。

目的と内容が明確にわからないようなプランは見直すべきです

例えば「この保険のオプションプランって結局何が含まれてるの?」といった疑問点などがあれば、確認や見直しが必要ということです。

 

さて、次に「変動費」についてですが、「変動費」とは、生活や活動によって変動する費用のことです。

食費も外食が多ければ高くなりますが、自炊をすれば、安くなります。

被服費、交際費、衛生費、ガソリン代、レジャー費、美容費、なども「変動費」に入るでしょう。

 

この「変動費」は、日々の節約と工夫で支出を抑えることができます

ポイントは、「何にいくらまでならお金をかけられる!」と自分で決めることです。

お金の使い方は、「収入-固定費=変動費」ですから、変動費の割合は大まかに決まってくるはずです。

その中でどのくらい何に使うのかというのを、自分で見直してみて、月ごとで計画を立てると、節約の効果はおのずと現れてくるはずです。

 

タグ

2012年12月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ライフプランニング

このページの先頭へ