携帯電話代の節約こそ頑張りどころ


携帯代、月々いくら払っていますか?

「実はスマートフォンにしてから料金が・・・・」という方、多いのではないでしょうか?

そんな携帯こそ、節約こそし甲斐がある支出なのです。

 

1.まず料金プランを見なおしましょう。

特にスマートフォンはデータ通信量が鍵です。

各携帯電話会社では、概ねプランは2つのタイプで、使ったデータ量にあわせて段階的に価格が設定されている段階型定額のプランと、使っても使わなくても同じ額を払うという一定型定額プランです。

スマートフォンの場合は、一定額のプランがおススメで、段階型になっている場合はその段階の枠を超えていないかチェックしてみる必要があります。

ほとんどの場合は、段階型の定額サービスではすぐに上限額に達することがほとんどですし、一定額プランの方が上限金額が安く設定されていることが多いです。

ただし、自分の使用状況を振り返ってみましょう。 あまりスマートフォンを使いこなしていない、さほど通信をしていないというような場合は、段階型の方が安くなる場合もあります。

 

2.通話は無料通話アプリを使っていますか?

「LINE」「Skype」「050Plus」などがありますが、基本料金がかからないタイプのアプリも多いですし、同一アプリ間での通話は無料といったものがほとんどですので、使わない手はありません。

また、外部の一般電話に通話を掛けるのも圧倒的に料金が安いので、どんどん使用しましょう。

ただし、常に起動しておかなくては着信できないとか、通話の音質が悪い、などといった弊害がある場合は、注意も必要です。

 

3.家族間の通話料金を節約できていますか?

概ねどこの携帯会社も家族契約をすると家族割引があります。

ただし、契約の家族が同じ携帯電話会社にしなくてはなりません。

家族で通話する機会が多い、長くなってしまう、などという場合はおススメで、中には家族間通話は無料と言うプランもあります。

 

4. 固定回線とスマートフォンをまとめてみましょう

スマートフォンと光回線やネット環境、固定電話をまとめると安くなるプランもあります。

「auスマートバリュー」などは、割引額の大きさで話題になりましたが、携帯電話各社もそれに続き様々なプランを提供しています。 自身のネット環境や固定電話を見直してみましょう。

 

通信費の節約は、定期的なプランの見直しが大きな効果となります。

いかに自分に合ったプランで使用しているか、プランを知り尽くしているかが節約のポイントですので、プランを変えたら今までの携帯代が嘘のようにグーンと安くなってしまうこともあるのです。

そんな携帯こそ節約し甲斐があるとも言えるでしょう。

細かい条件などがあるので、詳しくは各社のホームページを確認したり、ショップに相談してみるとよいでしょう。

タグ

2013年2月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:家計から出ていくお金・支出

固定電話は必要?NTTだけじゃなく、IP電話も選択肢に


固定電話、携帯電話、どちらを多く使っていますか?

日々の電話代が高いと悩んでいませんか?

固定電話は使い方次第でかなり生活費を節約できるのは事実です。

固定費の月の出費が変わります。

 

家でインターネットをしているのなら、IP電話を使用すればどこの会社を利用しても距離にかかわらず3分8円程度というのが相場。

携帯電話への通話料もNTT等の固定電話より圧倒的に安くなります

また、同じ電話会社内の通話はどれだけ話しても無料です。

例えば、実家が地方だとか、夫が単身赴任中である、或いはよく固定電話から携帯にかけるなどという人は断然IP電話がお得でしょう。

固定電話をIP電話にしたというだけで、地方にある実家とつい長電話をしてしまうなんていう人は、月に万単位で通話料が変わったという話も一般的に聞きます。

 

また、Skypeoutという方法もあります。

Skypeは、パソコン上やスマートフォン上のアプリとしてダウンロードでき、固定電話や携帯電話に電話をかけることもできます。

通話料は距離は全く関係なく、どこの国の何の電話にかけたかによって料金が決まるというシステムなので、国際電話では圧倒的に料金が安くなります。

 

さて、通話方法を変えたら、通話料が節約になった・・・、というわけですが、そうなると気になってくるのがほとんど使っていない固定電話にかかる基本料金です。

思い切って固定電話を解約してしまえば、年間3万円程度の家計費の節約になることは間違いありません。

ただし、個人の価値観次第ですが、一般的な日常生活では固定電話の必要性を感じないで過ごせるかもしれませんが、何らかの契約をする際に固定電話が必要となるケースがあり、「社会的信用」を重んじるのなら、固定電話を解約までしてしまうのは早計かもしれません。

さらに、FAXでのやり取りが多い人は固定電話は必須アイテムかもしれません。

 

逆に言えば、賃貸暮らしで社会的に大きな契約やローンをする必要がなければ、その必要が出てくるまで固定電話は持たなくても良いかもしれませんし、FAXをメールで代用できれば固定電話を解約することで実は家計の固定費はかなりの節約になるのです。

固定電話の必要性は個人の生活スタイルと価値観で各々が決める問題でしょう。

タグ

2013年2月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:家計から出ていくお金・支出

このページの先頭へ