会社員でも確定申告でお金が戻ってくる可能性はあります


ほとんどのサラリーマンは、会社が行う年末調整で所得税が確定するため、確定申告は必要ありません。

しかし、確定申告すればお金が戻ってくる可能性がある場合もあります。

 

まず、前提としてサラリーマンでも確定申告しなければいけない義務を持った人もいます。

それは年収2000万円以上の場合や副業などで20万円以上収入があった人、災害にあって、「災害減免法」による源泉所得税の猶予や免除を受けている人などです。

 

それでは、それ以外の一般の会社員の場合でも確定申告したほうがいいと言われる場合、それはどんな人なのでしょうか?

まず、年末調整に間に合わなかった、調整し忘れたものがある人です。

例えば、年末調整で漏れがあった、年末調整後に結婚した、子どもが生まれたなど扶養範囲に変化があった人といった場合です。

 

また、副業の収入が20万円以下であっても必要経費が認められるので、源泉徴収された税金の一部を取り戻せることがあります。

 

それから、マイホームを買った人や売った人も確定申告するとお金が戻る場合もあります。

もちろん、確定申告をすると得になるかは一概に言えないこともありますので、国税庁等専門機関に問い合わせてみることをおすすめします。

 

そして、医療費がたくさんかかった場合。

これは、家族全員分の医療費が所得の5%以上だったかどうかがポイント。

市販薬や病院に行くための交通費も控除の対象になります。

 

実は災害や盗難も控除の対象になります。

泥棒被害は雑損控除の対象になりますし、自然災害も所得税の軽減・免除措置の対象になります。

 

最後に、当然ながら退職してサラリーマンをやめた人も確定申告対象者です。

会社員として違う会社へ転職した場合は、新しい勤務先で年末調整を行いますので、申告の必要はありません。

 

この1年の出来事を思い出して、生活スタイルに大きな変化があった人は、会社員でも確定申告に注意。

お金が還付される可能性がありますので、調べてみましょう。

「面倒くさいなあ」と思って申告しなかったら、かなりの大金を逃してしまった・・なんてこともあり得ます!

 

タグ

2013年6月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:確定申告

医療費はなるべくかからないように健康に気をつけましょう


医療費なんて節約できない!」と思っていませんか?

確かに病院で治療費を安く値切ることはできませんが、ちょっとした工夫次第で節約できることがあるのです。

 

まず、健康に気をつけ、体調を崩さないことが一番です。

体調を崩すと、かかるのは医療費だけではありません。

普段歩いていける距離もタクシーを使ったり、普段食べられるものが食べられず余分に食費がかかったりします。

また、仕事をお休みしたりすることを考えれば、健康が一番。

普段から健康ケアを怠らないことと、定期健診を受けることです。

健康診断は一度にお金はかかりますが、それで病気を未然に防いだり、病気の早期発見につながる可能性があります。

健康診断は必ず受けるようにしましょう。

 

そして、時間外の受診を控えるようにすることです。

概ね医療機関は、診療時間外の受診の場合、通常の診療費に規定の割増料金が加算されます。

もちろん、緊急時はやむを得ませんが、むやみに夜間や休日の診療をうけると料金が高くなります。

 

また、大きな病院に行きたい場合は、いきなり行かずにかかりつけ医からの紹介状を持参すると良いでしょう。

ベッド数200床以上の大病院は、紹介状なしでかかった場合、初診料の他に特別料金がかかることがあります。

 

税金の医療費控除を受けるという方法もあります。

1年間に支払った医療費が一定額を超える場合、確定申告で所得税の医療費控除が受けられるので、憶えておきましょう。

「(実際に支払った医療費の合計額)-(保険金などで補てんされる金額)-10万円(その年の総所得額が200万円未満の人は、総所得金額の5%の金額)」という公式がありますので、医療費や薬代の領収書は最低1年間は保存しておきましょう。

 

ジェネリック医薬品を使用するのも、節約になります。

ご存知の方も多いと思いますが、ジェネリックは先発医薬品に比べ、特許期限が切れることにより安価になります。

薬局で自分が処方された薬がジェネリック変更可能かどうかを聞いてみましょう。

 

小さな努力で少しずつ節約できる医療費ではありますが、一番の節約はやはり健康であること。

当然ですが、これ以上の医療費の節約はありません。

タグ

2013年4月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:家計から出ていくお金・支出

このページの先頭へ