共働きか専業主婦かでこれだけ家計は変わります


「結婚したら働く?それとも専業主婦?」

現代の多くの女性はどちらにするか迷います。

以前の日本社会では「寿退社」が一般的でした。

では、「お金」という視点で考えればどちらが有利かと言えば、それは当然「共働き」ということになります。

 

収入金額が少しでも多いと、それだけ家計に余裕ができるので、貯蓄もしやすくなります。

マイホームを考える人は共働きによって早く実現するでしょうし、老後の蓄えも、子どもの学資の貯蓄も実現します。

仮に、30歳から59歳まで30年間、女性が月額23万円で働いたとしましょう。

これだけでも、8,280万円になります。

結婚後、育児や出産、介護、夫の失業、病気など、何が起こるか分かりません。

これだけ蓄えておけると思えば、妻の収入がどれだけ家計を助けるかおわかりかと思います。

また、ちょっとした旅行も毎年企画できる余裕も出来るでしょうし、心のゆとりも生まれます。

専業主婦であれば、この収入がゼロとなるわけですから、いかに家計模様が変わってくるか想像も難くないと思います。

 

次に専業主婦の場合を考えてみます。

生活を楽しめるのが、専業主婦の一番のメリットですが、家計を考えるならばライフプランを考えながら慎重に専業主婦になるタイミングを考えましょう。

一番女性が仕事をやめるきっかけになるのが、出産・育児です。

乳幼児をかかえて仕事を続けるのは、子どもの預け先、病気の時の対応などを考えると大変なことです。

子どもの病気など突然の事情にも理解を示す職場である、両親の近くに住む、保育所の待機児童が少ないなど、女性が働くことへの環境が整っていなければ、専業主婦を選ばざるを得ないのが現状だともいえるでしょう。

これらの対策が整わないまま仕事を続けると、共働きは女性にとって大変過酷なものになりがちです。

 

また、育児が一段落した段階で、復職しようという人たちもいます。

その場合におススメなのが、「ステップアップ」です。 復職を見越して、専業主婦時代に資格を取る、再就職のための勉強をする、といった対策をとっておくと、復職したときに、家計への不安がぐんと減ることになります。

 

共働きは収入が2つになるので、家計面からいうと有利ですが、将来のこともじっくり考えて、女性自身の意思で選びたいものです。

タグ

2012年12月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ライフプランニング

このページの先頭へ