インターネット回線はけっこう高い出費。必要に応じて契約を見直してみよう


ネット回線ってどう節約したらいいかわからない。」

「どの回線が一番自分の使い方にあっているの?難しくてわからないのだけど・・・」

そんな声が多いのが家計におけるネット回線の出費です。

 

インターネットの契約は「固定費」です。

つまり、考え方は水道や電気料金と同じです。

水道は、水の最大使用量に応じた水道管の太さ(口径)を選び、応じたメーターを取り付けますね?電気の契約はアンペア数ですね?

これと同じで、ネット回線は、送受信するデータ量に応じた通信能力があるかどうかで回線を選ぶと良いのです。

ここで、使用するデータ量に比べ明らかにかけ離れた契約であることに気がついたら、見直してみましょう。

ただ、「自分が送受信しているデータ量がよくわからない・・・」という方も多いのではないでしょうか?

 

まず、目安として、普段の通信料は数メガと憶えておくとよいでしょう。

YouTubeの高画質でも4Mbps以下程度ですので、仕事などで大きなデータをやり取りする生活でなければ、実は光回線でなくても間に合ってしまいます。

ADSL回線はNTTとの距離で能力が変わってきますが、近ければ通信能力はADSL12Mで十分間に合うということになります。

光回線を見直し、月々支払いが安くなるならこんなにいいことはありません。

 

しかしながらプロバイダーの品質も大切です。

インターネットの回線能力がいくらよいものを使っていても、プロバイダーの品質も良いものを使わなければ、意味がありません。

プロバイダーの評判はどうか、自分の地域や住環境ではどのようなプロバイダーが使用可能か、調べてみましょう。

その中で一番良いものを選ぶことが大切です。

またモバイル回線の場合、契約前に無料貸し出し端末などを使って電波状況を自分で確認してみることをおススメします。

というのも、電波状況はその環境によって違ってくるので、実際には電波の強弱で通信能力が増減し、決して広告にうたわれているような高い回線能力は発揮できないのです。

 

契約を見直すときには、違約金にも注意しましょう。

現在使っているプロバイダや回線を解約した場合、違約金が発生する場合があるのです。

使い初めから決められた期間のみ違約金が発生するもの、そして違約金が自動更新されるような契約もありますので、よく自分の使用している回線の契約条件を確認しましょう。

解約にもタイミングが重要です。

タグ

2013年2月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:家計から出ていくお金・支出

このページの先頭へ