妊娠・出産のための貯蓄【出産一時金だけでは足りません】


子どもを育てるのにお金がかかることは想像がつくでしょうが、子どもを産むまでにもお金がかかるのが日本の実情です。

妊娠・出産は病気ではないので、健康保険が使えないため、全額自己負担になるのです。

 

まず、妊娠中にかかるお金としては、健診の代金です。

回数は人によって異なりますが、だいたい出産まで13~15回くらいと言われています。

1回の健診あたり費用は5,000円くらいが平均のようですので、そうなると合計は最低7~8万円はかかることになります。

ただ、健診の回数はママの体調次第。

万一を考え、余裕を見て、貯蓄しておくほうが賢明です。

 

出産費用は、概ね30万円から50万円くらいが平均のようです。

「満足いくお産がしたい」という理由で多少高くてもこだわった病院や分娩方法、部屋を選ぶ人も近年は増えています。

100万円以上かけて、お産をする人もいるようです。

 

また、盲点なのが、出産準備金とよばれる出費。

ベビーベッド、粉ミルク、ベビー服、抱っこ紐などのベビーグッズのことです。

概ね合計15万円程度と見ておくのが平均値のようです。

ただ、これらは全てお祝いやおさがりを貰ったりすることで節約は可能です。

 

ところで、健康保険法に基づき出産費用の一定額が支払われるという「出産育児一時金」があります。

健康保険に加入、または被扶養者で、妊娠4カ月以上で出産した場合、子供1人につき42万円が受け取れるというもので、これは大変助かるシステムです。

双子なら倍受け取れますし、付加給付がつく組合の場合は、プラスアルファがつく場合も。

勤務先や組合窓口で申し込めますので、この一時金の申請はぜひ忘れずにしたいものです。

 

ただ、ここまで読んできて、妊娠中にかかるお金、出産費用、準備金と合計すると、平均程度だったとしても、やはり「出産育児一時金」だけでは足りないことに気がつくことでしょう。

また、金銭的に不測の事態に対応できないなど、経済的不安を抱えての妊娠や出産は精神的にもよくありません。

子どもが欲しいと考えている人は、月々定額で積み立てるなど、貯蓄をしておきましょう。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

公開日:2013年6月3日

カテゴリー:貯蓄・資産

このページの先頭へ