国民年金未払い分がある場合、追納はお早めに【学生時代、独身時代にあるかも】


筆者の経験ですが、学生時代に1年間だけ国民年金の「学生納付特例制度」を利用したことを、社会人になってからすっかり忘れていました。

追納は10年間という期限があったため、一部を追納できなくなったことがあります。

こういった制度を利用した人でも、将来満額に近いより多くの年金額を手にしたい場合、追納が一番良い方法です。

ただし、追納する場合、追納料金が発生する場合があり、多少支払額が増額されることがあります。

 

学生にかぎらず、収入が少ない人の場合、「保険料納付猶予制度」を利用している人もいます。

これは免除ではなく、支払い期間を猶予してもらうためのシステムですので、猶予後支払わなくては受給額に反映されないしくみになっています。

未納や滞納とは違い、「受給資格期間」には算入されるため、若年者の多くがこの制度を利用しているのです。

しかし、これらも10年という追納期限があり、注意が必要です。

 

そして、「免除」という制度もあります。

家族の所得が少ない、などの理由から、半額、4分の3、4分の1の額で年金を支払った人たちです。

保険料の免除を受けた場合、年金受給額が低額となりますが、追納することで、年金受給額を増やすことができます

免除された分の追納を行う場合は、申し込みが必要で、納付書をもらい、支払います。

この「免除」も3年以降は上乗せ料金が発生し、そして追納期限は10年となっていますので注意が必要です。

 

最後に、「未納」している場合。

国民年金保険料の納付は義務であるため、納付期限までに納めなければなりません。

未納した場合は、納付期限から2年を経過すると時効になり、追納もできなくなります。

未納保険料を納付できなかった場合は、受給年金額が低くなるとともに、年金の受給権を確保できなくなる場合もありますので注意が必要です。

2年未満に未納がある人は、急いで追納することをおすすめします。

 

これらの猶予、免除、未納のケースは、多くの場合、学生時代や就職前、独身時代など、収入が低くて払えなかった時に行っていることが多く、社会人になって以降忘れていたり、学生だった当時に家族が手続きしていたなどの理由から制度を利用したことを本人自身も知らなかったりするケースが多くあります。

まずは、最寄の年金事務所に自分の納入記録を問い合わせて確認してみましょう。

「ない」と思っていた未納が意外にもあったりするものです。

 

いずれにしても、払い忘れは、将来の受給額に影響してきますので、追納することを強くおすすめします。

追納期限が過ぎるときに連絡はありませんので、自分から確認することがきわめて重要になります。

また、「ねんきんネット」では、インターネット上で追納が可能な過去の保険料があるかどうかを手軽に確認できますので利用してみましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

公開日:2013年4月14日

カテゴリー:家計から出ていくお金・支出

このページの先頭へ