駐車場代の負担も考えて、自動車を手放すことも検討しよう【カーシェアリング・レンタカーも便利】


「絶対にマイカーがないと暮らせない!」という事情の人は別として、もしマイカーを手放せるのであれば、それは大幅な家計節約になること間違い無しです。

車を手放せば(或いは購入を控えれば)、節約できるのは車の購入費用だけではありません。

大きいのは維持費です。

年間の維持費がどのくらいかかるか計算してみたことはあるでしょうか?

 

まずは駐車場代。 地域によって事情は全く異なりますが、月2万円前後というところが多いようです。

自宅にスペースがあれば、無料で停められますが、マンションの場合は毎月駐車場代がかかります。

 

そして、ガソリン代。 週末乗る人の場合、月6千円くらいでしょうか。 原油高が続くと境遇はさらに苦しくなります。

保険料は概ね月1万円前後の人が多いようです。 もちろん、条件によって異なります。

 

そのほかにも自動車税や重量税があり、車種によって違いはあるものの普通車ならどんなに安くても年間4万円以上はかかりますし、それに車検や各種消耗品などが加算されるわけです。

ざっと計算すると、年間およそ40万円以上かかるというのが車の維持費です。

月にするとさほどの負担ではなくても、「40万円」と聞くととても大きなお金のような気がします。

 

そこで、マイカーを手放せるのであれば、車に乗りたい人へのおススメはレンタカーカーシェアリングです。

使用料のほかに、レンタカーはガソリン代が、カーシェアリングは会費がかかるところが多いですが、維持費がかからないのが何といっても安上がりです。

 

例えば、大手カーシェアリング会社の使用料は15分200円。

保険料もガソリン代も要りません。 好きな車種を選べるのも魅力です。

長時間になるとパック料金などもあり、お得な料金体系もあります。

そして、大手レンタカー会社の使用料は24時間までで7000円代というのが平均のようです。

 

では、カーシェアリングとレンタカーのどちらがお得かということで言えば、「使い分け」が一番良いようです。

カーシェアリングは宿泊を含む長時間の貸し出しは割高に付くことが多く、旅行など24時間を越える場合はレンタカーで、24時間以内や近距離はカーシェアリングでというのが一般に一番お得な使い方のようです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

公開日:2013年3月2日

カテゴリー:家計から出ていくお金・支出

このページの先頭へ