医療費はなるべくかからないように健康に気をつけましょう


医療費なんて節約できない!」と思っていませんか?

確かに病院で治療費を安く値切ることはできませんが、ちょっとした工夫次第で節約できることがあるのです。

 

まず、健康に気をつけ、体調を崩さないことが一番です。

体調を崩すと、かかるのは医療費だけではありません。

普段歩いていける距離もタクシーを使ったり、普段食べられるものが食べられず余分に食費がかかったりします。

また、仕事をお休みしたりすることを考えれば、健康が一番。

普段から健康ケアを怠らないことと、定期健診を受けることです。

健康診断は一度にお金はかかりますが、それで病気を未然に防いだり、病気の早期発見につながる可能性があります。

健康診断は必ず受けるようにしましょう。

 

そして、時間外の受診を控えるようにすることです。

概ね医療機関は、診療時間外の受診の場合、通常の診療費に規定の割増料金が加算されます。

もちろん、緊急時はやむを得ませんが、むやみに夜間や休日の診療をうけると料金が高くなります。

 

また、大きな病院に行きたい場合は、いきなり行かずにかかりつけ医からの紹介状を持参すると良いでしょう。

ベッド数200床以上の大病院は、紹介状なしでかかった場合、初診料の他に特別料金がかかることがあります。

 

税金の医療費控除を受けるという方法もあります。

1年間に支払った医療費が一定額を超える場合、確定申告で所得税の医療費控除が受けられるので、憶えておきましょう。

「(実際に支払った医療費の合計額)-(保険金などで補てんされる金額)-10万円(その年の総所得額が200万円未満の人は、総所得金額の5%の金額)」という公式がありますので、医療費や薬代の領収書は最低1年間は保存しておきましょう。

 

ジェネリック医薬品を使用するのも、節約になります。

ご存知の方も多いと思いますが、ジェネリックは先発医薬品に比べ、特許期限が切れることにより安価になります。

薬局で自分が処方された薬がジェネリック変更可能かどうかを聞いてみましょう。

 

小さな努力で少しずつ節約できる医療費ではありますが、一番の節約はやはり健康であること。

当然ですが、これ以上の医療費の節約はありません。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

公開日:2013年4月29日

カテゴリー:家計から出ていくお金・支出

このページの先頭へ