賃貸マンション・アパートの家賃は減らしにくい固定費。引越しも検討を。


月々大きな割合を占める賃貸マンションやアパートの家賃

これって節約できるのでしょうか?

留守にしようが、旅行に行こうが、家賃は毎月定額かかるので、節約のしようがない・・というのが実感かと思います。

たしかに減らしにくい支出ではあります。

 

家賃の目安として、手取り給料の3分の1とか4分の1といった額を聞いたことがあるとは思います。

しかし、これはあくまでもの目安で、地方で暮らすのと都会で暮らすのでは全く暮らしが違うでしょうし、夫婦暮らしか子どもが何人いるかなど家族構成でも変わってきます。

「ちょっと家賃が高いなあ」「もう少し安ければ」 と思うのならば、それは節約しどきなのかもしれません。

 

少しでも家賃を安くする方法として、考えられることは、契約更新のときに家賃を値切ってみるという方法です。

ただ、やみくもに値切ってはいけません。

近くや近所の家賃の相場を事前に調べ、相場より高かった場合に申し出てみるのです。

また、入居のときに新築だった物件などは「既に新築ではない」という理由や、物件に問題があるなどの理由も値下げ交渉のネタにはなります。

ただし当然、相手が気分を害すような物言いをしてはいけません。

貸し手も契約を更新してもらったほうが手間がかかりませんから、それなりのデータがありこちらの誠意が伝われば、耳を傾けてくれる可能性があります。

家賃はなかなか減らせないタイプの固定費ですが、一度減らしてしまうと毎月減るという利点があります。

例えば、1万円の家賃値下げに成功したとすれば、年間12万円の節約になりますから、これは大きいでしょう。

 

家賃交渉が無理そうな場合は、引越しも視野に入れて考えましょう。

引越しをするタイミングとしては、当然ながら契約が切れるタイミングが良いでしょう。

引越し代もかかることを考えれば、慎重に選ばなくてはいけません。

ここでも、少しでも安くする方法としては、入居のときに家賃を値切ってみる、という方法が役立ちます。

しかし新規で交渉する場合、他に申込者がいるかどうかなどタイミングを見計らう必要があり、駆け引きが必要です。

家賃だけでなく、管理費を値下げ、駐車場代をおまけなどという場合もあるようです。

 

もう一つの裏技としては、家賃助成のある街を狙うことです。

都心を中心に、世帯や収入によって家賃の助成がある市区町村があります。

応募の時期や条件などは異なるので、調べてみるのがおススメ。

条件があり誰もが受けられる制度ではないものの、「これぞ!」と思うなら、調べて応募してみない手はないのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

公開日:2013年2月15日

カテゴリー:家計から出ていくお金・支出

このページの先頭へ