火災保険は賃貸でも持ち家でも必須です【火事・水漏れ・盗難・破損まで】


住宅にかける火災保険は、賃貸でも持ち家でも加入しなければいけません。

しかし、火災保険については、住宅入居時や購入時に不動産屋やハウスメーカーの言われるままに加入するだけで、その詳しい補償内容や保険期間を良く知らないという人は多いのではないでしょうか?

この火災保険についても、少し知るだけで家計を節約できる場合があります。

 

もっとも普及している火災保険は、「オールリスクタイプ」と呼ばれる住宅総合火災保険で、補償内容が火災だけでなく、水漏れ、浸水、破損、盗難などあらゆるリスクに幅広くカバーしているものです。

幅広いと安心感はありますが、補償内容を自分でよく吟味してみると、あまり必要の無い補償内容も含まれている場合があります。

例えばマンションの高層階に住んでいるのに床上浸水の補償など、本当に必要かどうかです。

これら火災保険をカスタマイズできる保険にすると、随分出費が変わるのです。

無駄を省くだけでなく、自分が補償してもらいたい補償内容を追加することもできます。

そうすることで、保険の本来の意義が出てきます。

 

どの火災保険にも含まれている主契約となる基本補償は、火災、落雷、破裂、爆発が多く、会社によっては、風災やひょう災、雪災、水災、物体の落下や飛来、衝突なども含まれている場合があります。

カスタマイズの場合は主契約のみのプランに加え、自分特約を選ぶケースが多いです。

例えば、マンションの高層階なら、水災や風災・ひょう災、雪災など水害や風害、雪害の補償をはずせば保険料を安くできます。

また、一戸建てが火事で消失した場合に取り壊し費用を保険でカバーしたいと思えば、追加することもできます。

 

火災保険には住宅にかける補償と家財に掛ける補償がありますので、その補償対象も自分でカスタマイズすると良いでしょう。

例えば、盗難のリスクは家財にかけるべきで、建物にかけるのはあまり意味をなさないことが多いでしょう。

そして、補償額も自分で決められることもカスタマイズ型のメリットです。

 

また、保険期間については、契約期間が10年を超えると保険料が一括払いとなり、月払いや年払いよりも総支払額が大幅にディスカウントされるメリットがあります。

ただし月払いや年払いを選択したい場合や補償内容や額の見直しを考える場合は、短期間で契約するほうが良いでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

公開日:2013年3月23日

カテゴリー:家計から出ていくお金・支出

このページの先頭へ