外食費を安く済ませる方法を考えてみよう【クーポン・回数を減らすなど】


家食のほうが、食費は絶対に安く上がりますが、「たまには外食だってしたい!」と思うことだってあるでしょう。

たまに外で食事をすると気分も変わり、家族団欒も楽しくなります。

 

それでは、少しでも外食をお得にする方法はないでしょうか?

5つほどアイディアをあげてみましょう。

 

1.グルメカードを利用

ファミレスなど全国共通で使える食事券として「ジェフグルメカード」というものがあります。

基本的にはおつりが出る商品券のような形で売られています。

チケットショップ等で購入できますが、金券ショップで購入すれば定価の3~5%割引の値段で買うことができます。

これを事前に金券ショップで買っておくと、割引価格で食事ができることになります。

ただし、食事券が使えないレストランもありますので、事前に電話等で問い合わせると良いでしょう。

 

2.ランチを狙う

昼のランチは夜に比べると同じメニューでも値段が割安になっています。

特に平日はかなり良いランクのお店でもランチメニューはお得に食事ができますので、なるべく外食は昼の時間帯を狙うという節約方法もあります。

 

3.割引クーポンを使う

グルメ雑誌やインターネットで扱う「割引券」や「割引クーポン」は、存在は知っていながら案外利用していない人が多いようです。

こまめにチェックして雑誌なら切り取っておく、インターネットならプリントアウトする、という作業を事前にしておくとお得に外食ができます。

良く行くお店は常にお財布等に入れておけば、突然行ったときも安心です。

 

4.ポイントを貯める

友人などと外食をして割り勘にした場合、会計を別にせず自分が払うようにして、お店のポイントカードでポイントを貯めたり、クレジットカードのポイントを貯めたりするという手もあります。

ただし端数を「いいよ、いいよ」なんて払ってしまえば、あまり節約の意味がなくなりますのでご注意。

 

5.なるべく減らす

やはり外食の回数を減らすのが一番の節約になることは間違いありません。

月に1回の特別な日のみにする、普段はお弁当で週1回のみランチを外食にするなど。

自分で回数を決めておくと、無駄な外食をせずにすみますし、外食が楽しみになります。

 

 

「安い外食」と思って安いお店を探すと、口に合わなかったり、食品の安全が気になったりするものです。

それよりは、行きたいお店に行くことにして「工夫で少しでも食事代を安くしよう」、という発想の方が気持ちよく楽しくお得に外食ができるのではないしょうか。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

公開日:2013年1月31日

カテゴリー:家計から出ていくお金・支出

このページの先頭へ