書籍代がかかる人は、図書カードなどを使って上限を定めておこう【不要な本はブックオフにGO!】


いくらインターネット時代とはいえ、通勤中やカフェでのんびり本を読みたい、読書の趣味は外せないという人も多いはずです。

独身時代のように、興味がある本を次々に購入していては、家計の節約はなかなかできません。

そこで、本好きな方へ、いくつか家計節約の視点からの提案をご紹介しましょう。

 

まず、図書カードなどを使って、本はカードで買うと決めることは有効です。

先払いすることで、本を買う金額の上限を決められます。

もちろん、「月にカード2枚」や、「月5000円」などと決めて購入することが大切です。

そうすると、興味のある本を衝動買いすることはなくなるでしょう。

さらに、その図書カードも金券ショップで買うと実際額より安く購入できることも。

雑誌や小説など、何でも購入できる図書カードは便利です。

 

「どうしても読みたいけど・・・」と迷ったら、レンタルコミックや図書館を利用するのも良いでしょう。

特に漫画は1回読んだら繰り返し読まないという本もあるのではないでしょうか?

レンタルコミックは2週間で100円前後が主流ですので、ずいぶん節約できます。

そして、図書館も使い方次第。 良く考えれば全国各地にあり、自宅そばで無料で本を借りられるのですから、使わない手はないです。

 

一方、「安く買う」という視点で考えれば、インターネットで本を買うことが便利でお得かもしれません。

売り切れということもめったにありませんし、中古品やオークションを使えば安く購入できる可能性も。

アマゾンなどのサイトで注文すると、書店で取り寄せるより早く手に入れることも可能です。

 

そして、貯まった不要な本は「ブックオフ」などの中古品買取や古本を扱うお店に売却するのが良いでしょう。

高値にはならないかもしれませんが、処分するくらいなら少しでもお金になるほうが良いかもしれません。

また、部屋に不要な本が貯まると、整理に大変苦慮しますよね。

年に1度などと決めて、本棚を整理する際に売却するとすっきり片付きます。

「ブックオフ」では、「宅本便」という、古本なら20点から買取をオーダーできる宅配買取サービスがあります。

集荷、送料・手数料は0円、で、ヤマト運輸が集荷に来てくれるというものです。

まとめて売る場合はこういったサービスも嬉しいですね。