国民健康保険加入なら毎年いくらくらいになるのか把握しておこう


国民健康保険の保険料っていくらくらい払うの?」

そう思って、ネットで検索している人も多いでしょう。

その検索でこのサイトにたどり着いた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、なかなか具体的な答えを数字で得られないと思います。

それは、加入者の住んでいる自治体によって課税率が違うからなのです。

ですから自分が具体的にいくら払うことになるかという金額については、住んでいる市や区町村の役所で聞いてみるのが一番です。

 

ただ、多くの自治体が採用している基本的な計算式というのは存在します。

国民健康保険の保険料は、他の保険とは異なり、所得だけでなく「資産割」といって持っている資産や、「均等割」とよばれる加入者一人当たりの支払額、そして「平均割」という一世帯あたりの支払額を加味して総合的に決められます。

これらの項目を、各市区町村が、法令で定めている組合わせで決定し、保険料を算出するのです。

さらに、国民健康保険の保険料の場合、国民全員に課せられる「医療分」と40~64歳の人に関わる「介護分」が合計されます。

 

所得は微妙に年によって変わってはきますが、大きなお金の動きがなかった年は、前年度と比べ保険料の大きな変化はないことになりますので、だいたいの支払い額を事前に予測しておくことは可能かと思います。

また、職業が変わった、不動産を売り買いした、家族が増えた、など、生活に大きな変化があった年は、逆に予測が難しいことになります。

不安であれば、市区町村の区役所で聞いてみるというのも手でしょう。

 

ちなみに、保険料は、届出をした日からではなく、国保に入る義務が発生した瞬間から、納めることになります。

年度の途中で加入したりやめた場合は、保険料は月割りや日割りになります。

 

大まかにはなりますが、国民健康保険の保険料を把握するには、前年度の支払額が一番参考になることでしょう。

納付書が来てから慌てないように、大雑把にでも予測を立てておきましょう

タグ

2013年6月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:家計から出ていくお金・支出

税金(市県民税・自動車税・固定資産税など)は来るタイミングが決まっているので、備えておこう


住民税、自動車税、固定資産税などは、会社員にとって節約するということはとても難しい項目です。

所得税のように所得控除額を増やす、などといった具体的な節税対策も乏しいため、せめて税金の納付通知書が来たときに、慌てないように準備をしておきましょう。

 

地方自治体によってその状況は異なりますが、概ね納付通知が来る時期は全国的に決まっています

額面も過去の払い込み額をさかのぼって見てみれば、状況が変わらない限りは予測できるのではないでしょうか?

 

おすすめは、総計金額を月割りにして毎月取り置き、納税のときまでに積み立てておくことです

あらかじめ準備をしておくことで、納税月に多くの支出を強いられ、家計がピンチになることも避けられます。

また、月割りにするということは、1年にすると12分割ですので、1回当たりの取り置き額はさほど大きな金額にはならないはずです

少額の取り置きであれば、月々の生活に与える負担もそう大きくはないのではないでしょうか

 

税金のことを忘れていると、納付の月にはまとめたお金を出さなくてはならず、その月の生活が苦しいということになりかねません。

分割した少額を毎月取り置くことを習慣化することによって、そのような事態を避けることが可能になるのです。

 

ちなみに、自治体にもよりますが、住民税は6月の上旬頃に納付書が届くといったところが多いようです。

自動車税は、4月に納付通知が届き、5月末までに支払うというパターンが一般的のようです。

また、車の購入登録時に、登録月の翌月から年度末(3月)までの分を支払うパターンもありますので、自動車購入時には考慮にいれておきましょう。

そして、固定資産税は、1月1日の不動産の所有者に送られるものなので、概ね納付通知は4月頃になることが多いようです。

 

タグ

2013年5月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:家計から出ていくお金・支出

季節出費を予定しておこう【お年玉・帰省費用・お中元・お歳暮・入学祝い・法事・母の日・父の日etc】


うっかり忘れがちなのが、「季節出費」と呼ばれる出費です。

これは、季節のイベントで必要になってくるお金です。

例えば、お年玉、帰省費用、お中元、お歳暮、などです。

お年玉はお正月、帰省はお正月やお盆・・・、といったように、シーズンが概ね決まっているので、事前に出費の予定にも組み込んでおきましょう。

 

家計簿をつけていると、毎年どの季節に何の季節出費がどのくらい必要だったかが見てわかります。

1年前、2年前とさかのぼると、同じ時期に似たような傾向で出費が繰り返されているはずです。

初めはなかなか予測できなくても、結婚生活を数年続けていると、見えてくるお金ですので、ぜひこの「季節出費」については記録しておくことをおすすめします。

 

毎年かかるとも限らない「季節出費」もあります。

例えば、入学祝、法事、あるいは子どもの修学旅行やお祭りなどに伴う特別なお小遣いなどです。

しかし、これらも、突然出費が必要になることというのは、まず少ないはず。

わかった時点で、出費に備えておくのが賢いでしょう。

これらは、数年おきに必要になるものや、今後いつかまた必要になるかもしれないタイプの出費だともいえます。

また、子どもに兄弟がいる場合は今後参考になる出費額になり得ますので、これらも家計簿などに記録しておきましょう。

数年して「あの時いくら払ったかな?」と思い出すことも可能になります。

 

「季節出費」が「予定外の出費」になってしまうと、家計には「痛い出費」になってしまいます。

「うっかり忘れないこと」が「季節出費」に対しての正しい対処法でしょう。

可能であれば、月の初めに、昨年、一昨年前の同じ月の家計簿を見直してみるのも、これら「季節出費」を思い出すための良い方法かもしれません。

 

タグ

2013年5月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:家計から出ていくお金・支出

つきあい費は節約できないから専用貯蓄を【結婚祝い・ご祝儀・出産祝い・内祝い・香典・お供え・手土産・お見舞い】


友人の結婚式に招待され、「ああ、今月はお金がピンチだから、ご祝儀5千円にしちゃお。」

親戚に不幸があって、「お香典代がないから、半額にしようかな・・」

こんなふうに考えてしまったことはありませんか?

気持ちはわかりますが・・・でも、ちょっとこれは、いくらなんでも相手に失礼なような気がします。

 

いくら、出席し「お祝いすること」、「弔意を表すこと」が大切とはいえ、このような考え方は冠婚葬祭にはそぐわないでしょう

「ケチった」と相手に見えてしまうと、出したお金の価値さえも半減してしまうものです。

 

同様に、内祝や手土産、出産祝い、お見舞い品などを送る場合も、節約は難しいでしょう。

せいぜいが手芸や料理などの特技がある人ならば「手作りのものを作りました」とかいう程度の許容範囲になります。

 

とはいえ、家計が苦しいかどうかは関係なくやってくるのが、こういった冠婚葬祭や交際費の出費です。

おすすめは専用貯蓄口座を用意しておくことです。

いざというときのために事前に取り分けておく、というのが基本です。

葬儀など、口座からお金を下ろす時間もないほど急な場合もあるかもしれませんので、現金で別封筒に一部取り置いておくのも良いかもしれません。

 

冠婚葬祭費は基本的には節約はおすすめしませんが、もし節約できるとしたら、唯一、出席時の服装くらいかもしれません。

例えば、結婚式の出席の場合、格安レンタルドレスを利用するとか、日常にも転用できそうなシンプルな装いにして華やかなコサージュやブローチをつけるなどといった工夫で乗り切るといった具合です。

ただし、絶対に安っぽい格好になってはいけません。

あまりに安っぽかったり、手抜きをしていると、特に結婚式場においては快く思えるものではありません。

冠婚葬祭は「非日常」の場であるからこそ、生活感を出すと不釣合いなのです。

 

冠婚葬祭は、その人にとっては一生に一度のことが多く、日頃の人間関係においての感謝を表す場でもあります。

そのときくらいお金のことを気にせず出席できるよう、大人のマナーとして普段から貯蓄をしておきましょう。

 

タグ

2013年5月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:家計から出ていくお金・支出

飲み代はお小遣いの中から出してもらう方が節約に【クーポンも活用しよう】


この記事の読者が女性で主婦、そして夫が会社員と仮定しますが・・・・。

 

旦那さんの飲み代って高いと思いませんか?

忘年会シーズン、歓迎会シーズン・・・度重なる出費に「足りないのでもう少し欲しい」なんて言われたりして。

気がつくと今月は飲み代に5万円も家計から出ている・・、なんていう主婦の悩みはよく聞く話です。

 

会社員になっても付き合いはあるでしょうし、飲むのが仕事というような職種の会社員もいますから、ここで妻が「そんなに飲みに行かないで!」と言ってしまうと夫も困ってしまうことでしょう。

そして、あまりに相手を縛ったり叱ったりしてしまうと、逆に夫婦喧嘩の原因になるばかりか、仕事にも支障をきたす場合もあります。

元来家庭の幸せのために節約している主婦が、「飲み代が高い」ということが原因で、家庭や仕事に不和をきたすなんてばかげたことです。

 

ということで、この問題、良い方法はないでしょうか?

アイディアとしては、夫のお小遣いをアップして、「飲み代の分もここから出して」とお願いすることです

夫としては、自分の自由になるお金の中から飲み代をやりくりすることになるので、「節約しよう」とか「来月は飲み代が多くなりそうだから今月は貯めておこう」と工夫するようになるのです

お小遣いを多少増やしたとしても、これは結果的に飲み代を節約することにつながります

 

「どうしても今月は飲み代を追加してほしい」、といわれた場合、追加には上限やルールを設けます。

「あと1万円だけ」とか、「今月は仕方ないけど来月は勘弁して欲しい」といった具合にです。

その際に旦那さんに「家計をがんばってやりくりしているけれど、その飲み代が家計を圧迫している」ということを理解してもらうことも重要なことです。

 

また、居酒屋やバーなどは、インターネットや雑誌などについてくるクーポンで割引サービスもあります。

割引クーポンがあるというだけで、飲み代が少しでも安くなるのなら、使わない手はありません。

旦那さんに、教えてあげましょう。

 

日々、家計の節約を考えている主婦にとっては、夫が飲食代を使いすぎてくると、ついムッとしてしまう気持ちもわかります。

けれども、冷静に、そして少しだけ頭を使って、旦那さんにも家計の状態を理解してもらい妻のために節約に協力したいと思ってもらえるよう、うまく持っていくのが賢い主婦なのではないでしょうか。

タグ

2013年5月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:家計から出ていくお金・支出

美容院・散髪代も定期的な出費として見ておこう


自分が、あるいは家族が、どのくらいの頻度で美容院に行き、いくらくらいの美容院代や散髪代がかかっているかは、把握しておきたいものです

把握できると、事前にその分のお金を取りおいて置けるからです。

つまり、定期出費とできるのです。

 

美容院代、散髪代というのは、意外とかかるものです。

カットだけならともかく、カラーリング、パーマ、トリートメント・・となると、1回に万単位になることも。

ただ、身だしなみの部分でもありますし、おしゃれに対する意識やその人の髪質によってこだわるレベルが違うでしょう。

安い美容院へ行って節約・・・と、簡単にいかない事情もあると思います。

 

髪型にもよりますが、美容院に毎月行くという人よりは、2ヶ月や3ヶ月に1度行く、という人の方が多いのではないでしょうか?

この場合、行かない月にも、月々の生活費から少しずつ代金を取り置き、積み立てておくと定期出費として扱うことができるでしょう。

もちろん、毎月行くという人は、その分を給料日に取り置いておくことをおすすめします。

 

美容院や散髪を節約する方法は、いくつかあります。

まず、バースデー割引や、クーポンなどがある場合は利用すること。

また、ポイントがつく場合、ポイントを利用すると安くなります。

クレジットカードで支払うのもポイントがつくので、ささやかではありますが節約になります。

 

髪型にさほどこだわりがないのなら、安い美容院に変えるというのも有りでしょう。

特に理容院の散髪代は、1回1000円のカットなどもあり、クオリティにこだわらなければかなりの節約になります。

 

また、美容院に行く頻度が少ない髪形にする、という裏技もあります。

例えば、ショートカットは形が崩れるとわかりやすいので、こまめな手入れが必要です。

ロングヘアスタイルにするということも一つのアイディアです。

それから、カラーを止める、パーマを止めるというのも可能であれば節約になるでしょう。

カットだけでよいのならその分代金がかからずに済むからです

そして、子どものカットなどは親が自分でやってあげるという選択肢もあります。

髪のカット時間が親子の良いコミニュケーションになるというメリットもあります。

タグ

2013年5月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:家計から出ていくお金・支出

書籍代がかかる人は、図書カードなどを使って上限を定めておこう【不要な本はブックオフにGO!】


いくらインターネット時代とはいえ、通勤中やカフェでのんびり本を読みたい、読書の趣味は外せないという人も多いはずです。

独身時代のように、興味がある本を次々に購入していては、家計の節約はなかなかできません。

そこで、本好きな方へ、いくつか家計節約の視点からの提案をご紹介しましょう。

 

まず、図書カードなどを使って、本はカードで買うと決めることは有効です。

先払いすることで、本を買う金額の上限を決められます。

もちろん、「月にカード2枚」や、「月5000円」などと決めて購入することが大切です。

そうすると、興味のある本を衝動買いすることはなくなるでしょう。

さらに、その図書カードも金券ショップで買うと実際額より安く購入できることも。

雑誌や小説など、何でも購入できる図書カードは便利です。

 

「どうしても読みたいけど・・・」と迷ったら、レンタルコミックや図書館を利用するのも良いでしょう。

特に漫画は1回読んだら繰り返し読まないという本もあるのではないでしょうか?

レンタルコミックは2週間で100円前後が主流ですので、ずいぶん節約できます。

そして、図書館も使い方次第。 良く考えれば全国各地にあり、自宅そばで無料で本を借りられるのですから、使わない手はないです。

 

一方、「安く買う」という視点で考えれば、インターネットで本を買うことが便利でお得かもしれません。

売り切れということもめったにありませんし、中古品やオークションを使えば安く購入できる可能性も。

アマゾンなどのサイトで注文すると、書店で取り寄せるより早く手に入れることも可能です。

 

そして、貯まった不要な本は「ブックオフ」などの中古品買取や古本を扱うお店に売却するのが良いでしょう。

高値にはならないかもしれませんが、処分するくらいなら少しでもお金になるほうが良いかもしれません。

また、部屋に不要な本が貯まると、整理に大変苦慮しますよね。

年に1度などと決めて、本棚を整理する際に売却するとすっきり片付きます。

「ブックオフ」では、「宅本便」という、古本なら20点から買取をオーダーできる宅配買取サービスがあります。

集荷、送料・手数料は0円、で、ヤマト運輸が集荷に来てくれるというものです。

まとめて売る場合はこういったサービスも嬉しいですね。

 

タグ

2013年5月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:家計から出ていくお金・支出

化粧品代、聖域とするか、節約するかは貴女次第【安い通販化粧品もあります】


女性なら美しくありたいと思うのは当然のこと。

化粧品代は美しくあるためには欠かすことができない費用です。

ただ、子育てや結婚生活のことを考えれば、化粧品代は節約しなくてはならないと感じている人も多いようです。

化粧品は、「あくまでも生活が成り立った上でのもの。育児や生活が優先」と思う既婚女性が多いことが特徴です。

 

一方、ある結婚情報誌のアンケートによると、「結婚しても節約したくないと思うお金」のトップ1位に「化粧品」がランクしているとのことです。

「年齢を重ねるのに手抜きをすると怖い」「節約はしたくない」などという意見が多数・・・。

つまり、多くの既婚女性にとって、節約しなくてはいけないけれど、節約したくないお金が「化粧品代」ということになるでしょう。

 

化粧品のお金を家計節約の「聖域」とするか否かは貴女次第。

化粧品のランクを落として、安い化粧品で節約する方法もあるけれど、美に関するお金は、あまり節約すると、人によっては自信がなくなったり、生活がギスギスすることさえあります

 

ただ、インターネットなどの通販を利用することで今までと同じ商品を安く買う方法はあります。

例えば「アイビューティーストアー」は、国内・海外ブランドともに56,000点以上の化粧品やメイクグッズが揃っています。

割引率は高く、口コミなどの情報も参考になります。

同じような通販サイトの大手「コスメランド」は在庫処分市、送料無料コーナーなどもあります。

普段使っている化粧品があれば、店頭で求めるより、お得に購入できるのが特徴です。

 

「化粧品は何を使ってもかまわない」という考え方が可能な方ならば、安い通販化粧品や、コンビニ、100円ショップの化粧品などもおすすめです

格安化粧品を使うことに抵抗がある方もいるかとは思いますが、安いからといって侮ってはいけません。

最近の格安化粧品は、非常にクオリティが高いのが話題なのです。十分キレイを維持できます。

1000円程度の化粧水や乳液などの基礎化粧品も、近年かなりの高品質になってきています。

どうしても基礎化粧品を節約することに抵抗があるなら、パーツの化粧品だけでも格安にすると随分家計模様が変わってきます。

 

タグ

2013年5月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:家計から出ていくお金・支出

医療費はなるべくかからないように健康に気をつけましょう


医療費なんて節約できない!」と思っていませんか?

確かに病院で治療費を安く値切ることはできませんが、ちょっとした工夫次第で節約できることがあるのです。

 

まず、健康に気をつけ、体調を崩さないことが一番です。

体調を崩すと、かかるのは医療費だけではありません。

普段歩いていける距離もタクシーを使ったり、普段食べられるものが食べられず余分に食費がかかったりします。

また、仕事をお休みしたりすることを考えれば、健康が一番。

普段から健康ケアを怠らないことと、定期健診を受けることです。

健康診断は一度にお金はかかりますが、それで病気を未然に防いだり、病気の早期発見につながる可能性があります。

健康診断は必ず受けるようにしましょう。

 

そして、時間外の受診を控えるようにすることです。

概ね医療機関は、診療時間外の受診の場合、通常の診療費に規定の割増料金が加算されます。

もちろん、緊急時はやむを得ませんが、むやみに夜間や休日の診療をうけると料金が高くなります。

 

また、大きな病院に行きたい場合は、いきなり行かずにかかりつけ医からの紹介状を持参すると良いでしょう。

ベッド数200床以上の大病院は、紹介状なしでかかった場合、初診料の他に特別料金がかかることがあります。

 

税金の医療費控除を受けるという方法もあります。

1年間に支払った医療費が一定額を超える場合、確定申告で所得税の医療費控除が受けられるので、憶えておきましょう。

「(実際に支払った医療費の合計額)-(保険金などで補てんされる金額)-10万円(その年の総所得額が200万円未満の人は、総所得金額の5%の金額)」という公式がありますので、医療費や薬代の領収書は最低1年間は保存しておきましょう。

 

ジェネリック医薬品を使用するのも、節約になります。

ご存知の方も多いと思いますが、ジェネリックは先発医薬品に比べ、特許期限が切れることにより安価になります。

薬局で自分が処方された薬がジェネリック変更可能かどうかを聞いてみましょう。

 

小さな努力で少しずつ節約できる医療費ではありますが、一番の節約はやはり健康であること。

当然ですが、これ以上の医療費の節約はありません。

タグ

2013年4月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:家計から出ていくお金・支出

レジャー費がないと生活に潤いがなくなることもあるので、柔軟に設定しましょう【息抜きも必要!】


節約もいいけれど、休日に旅行したり家族で過ごす時間はとても大切なもの。

日頃忙しくても、この楽しい時間があるから普段がんばれるのです。

レジャー費を削ると生活に潤いがなくなり、気分のリフレッシュができなくなります

かといって、あまり使いすぎると、日常生活のお金にツケが回ってくることに・・・。

一体レジャー費はどのくらいに設定すればいいのでしょう?

 

総務省家計調査2005年のデータによると、年間のレジャー費がどのくらいかという調査したところ、約10万円が平均とのことです。

これは旅行などのレジャーに付随してかかる交通費や外食費は除きます。

使い道は宿泊費、パック旅行料金、入場料や観戦料という順です。

このデータを年収別に見てそれぞれの年収における割合を比較すると、概ね手取額の1.5~2%くらいが平均値のようです。

イメージとしては手取額が月々45万円なら月9000円で2%になります。

1年間にすると10万8千円になります。

レジャーが大好きなら、4%くらいがんばってみましょう。

この倍の額ですから21万6000円になります。

そうすると、年に1度はちょっとした家族旅行ができそうです。

 

まずはこの割合を参考に、自分達の家計に当てはめて、レジャー費を毎月確保しましょう。

そして、何のレジャーにいきたいかという優先順位を決めることです。

順位を決めるとやたらと使わなくなります。

「1番は夏休みの旅行、次はテーマパーク」などと順位を決め、順位の高いものから実行に移します。

 

あとは、小さなことですが、入場券の割引クーポンがあるとか、交通費が節約できる、マイレージが貯まる・・などといったレジャー費以外の部分で節約すると、家計に還元されます。

特に連休やお盆、お正月などといった時期にしかレジャー休みが取れない人は、この小さな努力が家計に大きな影響を及ぼす可能性があります。

タグ

2013年4月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:家計から出ていくお金・支出

このページの先頭へ