貯蓄は収入の中から先に取る!余ったら貯蓄は不可能です!


貯蓄って、現在用途が目に見えているお金に比べ、どうしても後回しになりがちです。

よほど高給で、使い切れないお金が毎月入ってくるというのなら話は別ですが、 「お金が余ったら貯蓄しよう」と思っていると、いつのまにか使ってしまい、余るお金など残っていない・・なんてことになってしまいます。

 

「あ~今月も貯蓄できなかった。」

「使っちゃうんだよね。貯めなきゃってわかってるのに」

「お金ってどうやったら貯められるの?いつも残高は変わらないよ」

そんなふうに悩んでいる方も少なからずおられるのではないでしょうか?

そんな人におススメしたいのは貯蓄を先取りする方法。

この方法を使うと、着実にお金が貯まっていきます

給料の中から貯蓄を強制的に行うのです。

 

給料が入ったら、真っ先に前もって貯蓄分を決めて、銀行口座に入れてしまいましょう。

或いは、決まった生活費を差し引いた残金を口座に入れてしまうのです。

この口座は貯蓄専用にし、よほどの緊急事態がない限りは、引き出さないようにします。

 

「先に貯金」という、非常に単純で誰でも思いつきそうな方法なのですが、これで貯蓄高が一変します。

貯める意識が薄いと、なんとなく使ってしまうので、いつのまにやら消えている使途不明金がなくなりません。

そして、貯蓄を差し引いた残った額で、強制的に生活をやりくりせざるを得なくなるので、無駄に使うお金が減ります。

また、月に決まった額が必ず積み立てられ貯蓄されてので、「いくら貯まったか?」「今いくらあるか?」というのがすぐに自分で把握できます。

 

結局、貯蓄を先取りするというのは、お金を「何となく使ってしまう」という意識を改善するだけなのです。

しかし、その「意識」が一番大切なことです。

単純で簡単なちょっとした工夫が、着実・確実に貯蓄を増やしていきます。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

公開日:2012年12月31日

カテゴリー:ライフプランニング

このページの先頭へ